週刊「想うのよ」

想うことを綴ります

現状打破(転職活動その9 第4回面談実施)

面談プログラムも終わりに近づき、これまではバラ色をイメージさせる話が中心だったが、いよいよ報酬体系など、より具体的な話に移ってきた。 自分としても、本当に家族を支えられるのか、いよいよ本格的に考える段階に入った。これまでは、「内定も貰ってな…

拝啓 神様へ

◯◯と申します。 なんとも言葉にできない気持ちを吐露しようにも、吐露したところでどうなるでもないという気持ちもあるために、そんなこよを吐露できる相手もおりません。それでも吐露しないではおれない状況を迎えて、最終的に神様にお便りすることにさせて…

現状打破(転職活動その8 第3回面談実施)

第3回目の面談をした。 先方は前回と同じお二方。 毎度事前に何をする等々の話が無いため、ノーガードで望む。 しかし内容は今回も営業内容や、その取り組み方などの説明が主。依然として営業内容や会社理念など、よく理解してもらった上で、それを経てもな…

物より思い出、物より気持ち

まだまだ日本の物欲は強いように想う。 一時は国民全体が衣食住な困らくなったものの、もっともっとが行きすぎてバブル崩壊、その後復活を図るも長らく低迷、そのうち物や金や成長ばかりを追い求める価値観を見直す風潮も盛り上がり、コロナを経て、いよいよ…

気づいてしまった。子どもに向かって発する言葉は、自分に向かっての言葉でもあることに。

子どもが相談してきた。 上級生のチームから、試合に出るための人数が足りないから参加してほしいとの打診を受けたとのこと。以前も同じ理由で参加、思いのほか活躍したことを上級生チームの監督の目に留まり、今回もお誘いを受けたようだ。 光栄な話。 しか…

現状打破(転職活動その7 第2回面談実施)

同社との2回目の面談実施。 2時間半に渡る面談だったが、質問にはありのままの気持ちを伝えるだけなので、変な疲れはなかった。 若い頃の各種面談は相手がどう感じるかなどなど、変にけんさくして、それに合わせた回答をする自分がいたが、ありのままを言え…

サラリーマン脱却への道

サラリーマンの特性。 小学校、中学校、高校、大学を経て、企業に就職、単一の評価軸に価値観が支配され、その評価軸で争い、必然的に勝ち組と負け組が生まれる。 圧倒多数の負け組は、その価値観に縛られているため、何か人間的価値の喪失感に苛まれる。そ…