週刊「想うのよ」

想うことを綴ります

この歳で初めてファンレターを書いてみた

拝啓 はじめまして。私は●●さんと同年代の中年サラリーマンです。 人生の折り返しとも言える年齢を迎え、愛する家族がいるというこの上ない幸せを噛みしめつつも、順風満帆とはいえないこれまでの社会人生活を想う機会があり、思い立って、この歳で初めての…

祈り ~夢から目を覚ました真夜中~

夢を見た。 家族と、それから架空の人物とおぼしき親戚のおばさんが登場、何やら揉めていて、最終的に「離婚」しようとなり、役所にみんなで向かう夢だ。 その際の娘の悲しそうな顔と、よく分からず、明るさすら示す息子が印象に残った。 役所の受付で離婚届…

現状打破(転職活動その9 第4回面談実施)

面談プログラムも終わりに近づき、これまではバラ色をイメージさせる話が中心だったが、いよいよ報酬体系など、より具体的な話に移ってきた。 自分としても、本当に家族を支えられるのか、いよいよ本格的に考える段階に入った。これまでは、「内定も貰ってな…

拝啓 神様へ

◯◯と申します。 なんとも言葉にできない気持ちを吐露しようにも、吐露したところでどうなるでもないという気持ちもあるために、そんなこよを吐露できる相手もおりません。それでも吐露しないではおれない状況を迎えて、最終的に神様にお便りすることにさせて…

現状打破(転職活動その8 第3回面談実施)

第3回目の面談をした。 先方は前回と同じお二方。 毎度事前に何をする等々の話が無いため、ノーガードで望む。 しかし内容は今回も営業内容や、その取り組み方などの説明が主。依然として営業内容や会社理念など、よく理解してもらった上で、それを経てもな…

物より思い出、物より気持ち

まだまだ日本の物欲は強いように想う。 一時は国民全体が衣食住な困らくなったものの、もっともっとが行きすぎてバブル崩壊、その後復活を図るも長らく低迷、そのうち物や金や成長ばかりを追い求める価値観を見直す風潮も盛り上がり、コロナを経て、いよいよ…

気づいてしまった。子どもに向かって発する言葉は、自分に向かっての言葉でもあることに。

子どもが相談してきた。 上級生のチームから、試合に出るための人数が足りないから参加してほしいとの打診を受けたとのこと。以前も同じ理由で参加、思いのほか活躍したことを上級生チームの監督の目に留まり、今回もお誘いを受けたようだ。 光栄な話。 しか…