週刊「想うのよ」

想うことを綴ります

中年の危機をチャンスに変える!第二の人生への活かし方

はじめに 中年の危機は、多くの人々が人生の転機として直面するらしい。 キャリアの変化や家庭の問題、自己のアイデンティティに関する疑問など、さまざまな要因が重なり、心理的な苦悩や葛藤が引き起こされるというのだ。 個人的には、現状の先にこれといっ…

満足に目を向ける

不足に目をやるクセがある。 不平不満ではなく不足。努力不足、認識不足、実力不足、、、それらは、克服して成長しようとする前向きな捉え方で消化しているが、一方でそればかりでは満足感を感じるに至らない。 ある場面に出くわした。 サッカーの試合を終え…

リスタート

さて春が来た。 年始に抱いた目標も、実現を見ることなく気付けば3ヶ月を経てしまっている。 そんな日本人にはうまいことに4月という区切りが設けられている。 リスタートだ(笑) 心技体&金に係る目標を見直し、日々の活動にまたしっかり落とし込もうではな…

妄想力

物想いにふける(スマホ禁止) 妄想する(スマホ禁止) カフェで物想いにふける機会が極端に減った。お気に入りのカフェが無いということも然ることながら、たまの機会にも、物想いにふけるというよりも、常にスマホをいじり検索をしてるのだ。 明るい未来は…

MISIA コンサートを終えて

拝啓 MISIAさん イヤーとっても良かったです、星の降るコンサート。 MISIAさんの生の歌声を聴く初めての機会でしたが、その歌声も然ることながら、歌に込める魂の振動に、私はそれこそ奮(ふる)えました。 歌や声って、単に音をのせるだけでなく、歌い手の想…

現状打破(転職活動その10 最終面接を前に)

前回面談から時間が過ぎた。 現状、活動は止めた。 年末年始にじっくり考える時間を確保、いろいろシミュレーションしたことで見えてきたこと、加えて活動の大きな動機となっていた地元への里帰りが諸事情でその見通しが立たなくなったことなどが理由。 先般…

地域の催しに妙に感動した件

今年は年始から災害やら事件やら騒がしいスタートとなったが、1月も終盤に差し掛かり、少しほっと一息ついたこの週末、地域で「新春かくし芸」なる催しがあった。 良い意味で緩い催しで、「芸」のレベルは決して高いとは言えないものの、なんともいえないジ…